フローリングの補修方法として、フローリングの浅い傷を修理するためには、補修材といらない布があれば十分です。
補修材には、単色のものと、何色かセットになっているものが売っており、何色かある場合、色のブレンドをすることで、対応することもできるため、できれば何色かあるものがお勧めです。
利用する際には、補修材は、フローリングの色と比べなるべく近い色を選び、傷に擦り込みます。
円を描くように擦り込むとうまくいきます。
塗り込んだあとは、いらない布で周囲をふき取り作業終了となります。

深い傷の修理の場合は、補修材とスプーン、ライター、下敷きや定規などが必要となります。
まず、フローリングに合った補修材の色を選び、補修材のろうをスプーンで切り取ります、その際に、色と模様の色を混ぜることで、違和感をなくすことができます。
そして、ライターで炙って補修材のろうを溶かします。
溶けた補修材のろうを傷に流し込み、乾くまでまった後、はけがある場合ははけで、ない場合は、下敷きや定規などで盛り上がった部分をそぎ落とします。
その際に、入り込んだろうまで削り落とさないように注意する必要があります。
最後に、水で濡らしたティッシュや布などで、補修部分をなじませることで完了です。
くぼみや凹みは、濡らした布をくぼみの上に置いて、布の上からアイロンをあてて蒸すことで治すことができます。
この方法はフローリングが本物の木ならば木が水を含むことで膨らんで凹みがなくなるものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です