ユニットバスのリフォームにかかる費用は、簡単なもので10万円程度、一般的に50万円~100万円の間で行うケースが多いようです。
水回りについて老朽化が進むと、配管が破損し、マンションの階下の天井に水漏れし、賠償するようなことになるとさらに費用もかさみます。
マンションのユニットバスの交換スパンは一般的に15年から20年と言われているので、そのスパンで新しくすることを検討するのがいいでしょう。

新しくすることで清潔で快適になる、故障のリスクが低くなるというメリットと同時に、メーカーも新商品の開発を行っているので、カビになりにくい素材、結露しにくい素材、掃除がしやすい設計に日々改良されています。
新しくすることで、日々の掃除も楽になるというのも大きなメリットなのです。

お風呂のリフォームに合わせて、給湯器も交換するといいでしょう。
追い炊き式のものに変更したい場合は、配管の増設が必要になるので、必然的に給湯器の入れ替えとユニットバスの入れ替えはセットになります。
バスのリフォームと給湯器の交換をまとめることにより、個別に工事をするよりも人件費を抑えることができるので、コストを抑えることができます。
またユニットバス以外の水回り、具体的に洗面所、キッチン、トイレなどのリフォームを検討している場合は、一緒に行うと業者のパッケージ料金が適用されることがあるので、ユニットバスとその他の水回りのリフォームをまとめてしまうのもお薦めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です