ベビーシッターには現在国家資格のようなものはありません。

やろうと思えばどなたでもベビーシッターを名乗ることが出来ます。しかし実際に仕事をするためには、信用が最も大事ですので、多くの場合はベビーシッターの派遣会社に登録して採用されて初めて仕事が出来ると考えていいでしょう。派遣会社に登録する時には、保育士・幼稚園教諭、看護師などの資格があると有利です。また民間の団体が認定する資格としては全国保育サービス協会の「認定ベビーシッター資格」というものがあるので、こちらを取得するものいいでしょう。

最近では単純に子供の身の回りのお世話をするにとどまらず、お稽古事とマッチングした仕事内容になっていたり、多様な子供の教育に対応できるようにするために、専門知識を持った人材や英語や楽器の演奏、ダンスなどの特殊技能を持った人材が求められてきています。しかし基本的に必要な要件は、まず子供好きであることや、タバコを吸わないこと、努力する力や熱意の有無が大切です。

ベビーシッターは正社員として働く人は現在はあまり多くなく、パートやアルバイト、契約社員が主になります。都市部では待機児童が大問題になっていますが、働くお母さんは今後ますます増えるでしょう。企業が社内に子供を預けるスペースを設けたり、イベントや展示会、コンサートなどのシーンでも子供を預けられる所が増えており、シッターさんの活躍の場は今後ますます多くなってくると予想されます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *