ボーディングスクールに興味をもっている日本の教育に熱心な家庭の中では、行き先が気になるところですが、主にアメリカやスイス、移民受け入れに寛容なカナダなども挙げられますが、イギリスの存在は特に大きいです。

BBCニュースから流れる気品あるクイーンズイングリッシュの本場のロンドンのボーディングスクールは、教育レベルの質の高さに加え環境の良さもまた目を引きます。ロンドンから電車でわずか10分のところに位置する天文台で世界中に知られるグリニッジにあるボーディングスクールには世界中の多くの学生が学んでいて、その数は400名を超すといわれるほどです。

スタッフと生徒のコミュニケーションが良く取れていて、中にはロンドン証券取引所など世界的にみても有名な金融機関に人脈を擁す教師もいるほどで、国際的なビジネスマンを目指す人にとって登竜門のような学校です。3歳から入学できるボーディングスクールがロンドン市内にあり、英語脳を作るのにもっとも適している年齢なので、見逃せません。

ニューヨークやカナダなどの姉妹校への交換留学も可能な学校もあり、国際社会を充分高校生の時に体験できるのは、うれしいです。また、ロンドン郊外のアスコットに位置するボーディングスクールでは、日本の夏休みの期間を利用して現地の下見を兼ねた英語の語学学習のためのサマースクールが開催されています。学校内の敷地は広くスポーツ関連施設に加え、演劇の舞台やダンスのためのスタジオも併設されているなど環境の良さが評判になっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *