音楽専門学校といえば、みなさんは何をイメージするでしょうか。

たった一握りの人しか活躍できないプロのアーティストとしてデビューを目指し、志半ばで折れる人、デビューするも鳴かず飛ばずで生活の苦しい人、といった厳しい現実でしょうか。あるいは、人によってはいわゆる芸能人やタレントの養成所という印象がアリ、教育機関としての役割という意味では苦々しい、良くない感情を持っているかもしれません。

しかし、現実は決してプロとしてのデビューだけが音楽専門学校の出口ではなく、普通の大学のような就職も含め、様々な出口があるということを知ってもらいたいと思います。例えば、音楽のことを勉強するからといって必ずしも演奏家を目指す人だけではなく、音響やその理論を学んでアーティストを裏で支える仕事を希望し、ライブハウスやコンサートホール、イベント会社などに就職していく人はたくさんいます。

プロのアーティストのバックバンドや音源収録のための楽器演奏をしながら、音楽専門学校で講師を務める人もいます。最近の専門学校では分野に関わらず就職指導が徹底されているので、社会人としてのマナーや礼儀は身に付けているので、音楽とは関係のない企業に就職する人もいるし、そういう学生に一般企業を紹介する支援をしている学校もあるくらいです。このように音楽と一口に言ってもデビューを目指すだけではなく、一般就職まで含めた様々な卒業後の進路があるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *