音楽専門学校とは文部科学省が定める「専修学校」のうち、音楽を専門とする学校のことを指します。

専修学校は授業時数・教員数や施設・設備などの一定の基準を満たしている場合、都道府県知事の認可を受けて設置され、卒業時に「専門士」の学位と「専門卒」の学歴が残ります。逆に「専修学校」の条件を満たしていない学校を卒業したとしても学歴は残らず高卒のまま。つまり、2年間音楽教室に通っただけの扱いとなりますので、受験の際は注意が必要です。一方で音楽大学の場合、他の大学と同様に卒業時に「修士」の学位と「大卒」の学歴が残ります。

在学中に教職課程を修了した場合は「教育職員免許状」の取得が可能です。卒業年数も大学と専門学校では大きく異なります。音楽専門学校の場合最短で1年から卒業が可能ですが、音楽大学の場合は短期大学を除き一律で4年制と定められています。専攻できる音楽のジャンルも音楽大学ではクラシックが中心となり、音楽専門学校ではポップスやデジタルミュージックが中心となります。しかし、近年ではポップスやデジタルミュージックなどの専攻を掲げる音楽大学が増えてきており、徐々にではありますがその差は縮まりつつあります。ただし「楽器製作・修理」学科に限っては専攻を設けている音楽大学は現在存在せず、音楽専門学校でのみ学習が可能となっています。

また音楽大学と専門学校の違いは入試にも現れます。多くの音楽大学では入試の際、実技試験の他にクラシックの音楽用語や音階の種類など音楽の基礎知識を問う『楽典』ピアノで演奏されたメロディを楽譜に書き起こす『聴音』そしてピアノ科以外の学科を志望している受験生には『副科ピアノ』と呼ばれるピアノの演奏試験が課されることがあります。一方で音楽専門学校の多くは面接や実技試験、エントリーシートの提出のみで終了する場合が多く、学校によっては楽器が弾けなくても入学が可能な専門学校も存在します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *