ロックやポップといったジャンル別に講師を用意している音楽専門学校では、コマーシャル用の楽曲を作るための技術を学ぶ事も可能です。

コマーシャルで使われる楽曲は、一度聴いただけで記憶に残るだけの魅力が求められるために、作曲にも高度な技術を必要とします。テレビやラジオで流れているコマーシャルは、15秒や30秒など短い時間しか流せないので、その時間に合わせて曲を作る技術も重要です。それらの技術を活かした広告を自力で作る事は難しいからこそ、映像関係やテレビ関係の仕事を目指す方々も、音楽専門学校で技術を学ぶようになりました。

企業からの依頼でコマーシャル用の音楽を作る事になった際には、企業イメージを損なわないための技術を活かす事ができます。マスコットキャラクターをイメージした楽曲の作り方など、あらゆるリクエストに応えるための指導を受ける事が可能です。卒業生が実際に作曲したコマーシャルソングなど、有名な楽曲を一覧で掲載している音楽専門学校も珍しくありません。

より多くの人に自分が作った曲を聴いてもらいたい人も、コマーシャル用の楽曲を技術を学んでいる事が多いです。テレビやラジオで流れるコマーシャルの楽曲を作るだけで、その曲が日本中で流れる可能性もあるからこそ、やる気を出して楽曲を作る事ができます。より多くの作曲依頼を受けるためのアドバイスも、音楽専門学校の講師が送ってくれるなど、将来性のある作曲家になるために必要な知識は全て学べます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *