どんな仕事を目指すにしても、さまざまな知識や技術が必要になります。

音楽に携わる仕事もそうです。書籍やインターネットなどを利用して独学で身につけようとする人もいるでしょうが、遠回りになってしまうだけでなく、最悪、ゴールに到達できない可能性も高まってしまいます。特に楽器やボーカルなど、特別なテクニックが要求されるものは、その傾向が強いでしょう。独学で学ぶと独り善がりになったり、変な癖がついてしまうものです。その点、音楽専門学校に通ってプロの講師に直接指導をしてもらう方が分かりやすいし、客観的に評価してもらえるので、自分に何が足りないのか、逆に自分の何が強みなのかも発見できます。

また、講師のほとんどは実際に音楽業界での仕事を経験してきたプロのミュージシャン、クリエーター、エンジニアなどです。彼らと接することは業界への近道です。講師に仕事を紹介してもらったり、アシスタントという形で雇われる学生も少なくありません。学校としても求人やオーディションなどの紹介を随時行っているので、そこから現場に入って行くことも可能です。たとえ独学でそれなりのスキルを身につけることができても、現場の空気を味わう機会はほとんどないでしょう。音楽専門学校では校内にさまざまな機材、レコーディングスタジオ、ライブ用のステージなどの設備を備えています。

音楽の作業プロセスを本物の現場に近い環境で学ぶことができるのは大きなメリットです。CD制作をしたり、コンサートにスタッフとして参加できるカリキュラムを用意している学校もあり、実践的な経験を積むことが可能です。音楽専門学校に通うことのもうひとつのメリットは、同じ志を持つ仲間と出会えることです。共に切磋琢磨することでスキル向上につながりますし、たとえばバンドを組みたい人はメンバーも探しやすいでしょう。独学では得られない人間関係の広がりが期待できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *