好きなことを一生の仕事にしたいという希望を持つ人は多いでしょう。

もしあなたが音楽が好きで音楽に関係する仕事に就きたいと考えているのならば、音楽専門学校という選択肢があります。音楽専門学校はその名の通り音楽に関連することを学ぶことができる専門学校です。楽器やヴォーカル、作曲などについて学べる学科から、音響や音声編集、楽器制作など音楽に関するさまざまなことを学ぶことができます。また俳優や声優、アナウンサーを養成するコースや舞台照明や映像について学ぶコースのある学校もあります。

音楽大学が音楽を学問として学ぶのに対し、音楽専門学校では音楽を生きるためのツールとして学ぶのが特徴です。大学の場合は音楽以外にも基礎教養科目などを履修しなければなりませんが、専門学校では自分のやりたい分野に思い切り打ち込むことができます。講師には実際に音楽業界で活躍している人もいるので、身近で職業としての音楽に触れることができるのも音楽専門学校の魅力です。

進路としてはプロのアーティストやスタジオミュージシャン、ピアノ教師などの他、映像製作現場の音響スタッフやコンサートスタッフ、楽器店店員、楽器職人、音楽系の出版社、ピアノの調律士など多岐に渡ります。日本には首都圏を中心に多くの音楽専門学校があり、学校によって扱っている楽器や内容、修学年数も異なります。まずはいろいろな音楽学校を調べ、自分の夢の実現に向かって一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *